年配性うつ

不満を感じていますか?・・・そう言われても、不満の模様者は十人十色ですから、難しいですよね。色んな状況がありますから、これは不満、これは不満ではないって、線引きするなんて、出来ませんよね。ですから、こういう不満を通じて、うつ病になったりすることって、誰にでもあることなんですよね・・・およそ。

現在の私の不満の大半を占めているのは姑のことですが、こういう姑の事だって、ちらっと最近からなんですね。同居してとっくに20年代を過ぎましたが、同居したての時は、先ほど不満を感じていませんでした。環境が変化したせいなのかな・・・。義父が亡くなり話し相手がいなくなってしまった結果、姑の気分がこちらに向いてしまったり、私も年代をとり、若い頃のようにのぼり回れなくなったことが、最大の原因のように思います。

姑に良いようにばっかりしていたのでは、こちらの身が欠けるですし、かといって差し置く趣旨にもいかないので、難しいですね。姑は、極度の心配性で、また誠にいい人過ぎて、「年配性うつ病」になりかけているかもということがあり、年配が、うつ病にかかりやすいということを知りました。痴ほう症との決断も難しいらしきのです。これから、長々調べてみようと思います。http://ambx.info/